体験とフィードバックから学ぶ

12月 12th, 2012

「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」


というNLPの前提があります。
ここに実践する際の物の見方考え方を学ぶことができます。
全ての行動には、結果が伴いますが、それはあくまで
ひとつの現象であるということです。


そこから何を学び受け取るかで、次の実践の結果も変わります。
行動すれば、いい結果も悪い結果もでますが、全てがうまくいくわけ
ではありません。


では、どのように考えたらいいのでしょうか?
それは、NLPの前提「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」
に学び、起きた現象に目を向けることです。


目をむけることでフィードバックを得ることができます。
そして、フィードバックを受ける時に、次のような質問をすると、
大切なフィードバックを得ることができます。


・どんような行動をしたか?
・どのように考えて行動したか?
・どうしてそう考えたのか?
・どこに着目して、考えて行動したのか?


などです。

その上で、具体的に行動を詳細にしていき、
「ゴールを止めているものは何だろうか?」
と質問をすることもできます。


ここで行なっていることは、
NLPの前提「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」を
活用することと、その時に、どんな視点でフィードバックするかです。


それらのポイントを押さえることで、適切な改善をすることができます。
そして、その積み重ねの中で、結果を出す力が養われていきます。


NLPの前提、「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」は、
真剣に向き合うほどに、深く、たくさんの学びや気づきを与えてくれます。
そして、その学びや気づきから、日々の充実感を得ることもできます。

多くの活用事例を学ぶ意味

10月 11th, 2012



NLPプラクティショナーで学ぶスキルを更に磨いていきましょう。


その為に、本質を学ぶことが大事です。
そして、本質を学んだら、もう一つ重要なことがあります。
それは、活用事例を知ることです。


では、活用事例を知ることが、どうしてNLPのスキルを
磨くことにつながるのでしょうか?


では、具体的にお伝えしていきます。
もしも、あなたがNLPの活用事例を知ると下記のようなメリットがあります。


・スキルに対しての新しい価値を得ることができる
・新しい活用方法を知ることができる


この2点を得るのですが、とても重要です。
例えばですが、NLPプラクティショナーを学んだ方が、
ポジション・チェンジを使っていました。


そして、必要なタイミングでポジション・チェンジを使っていました。
そして、NLPプラクティショナーの受講からしばらく経った時に、
ポジション・チェンジの別の活用の事例を知ったのです。


その内容は、質問により目の前の人を第3のポジションにする効果があります。単純ですが、もしも、あなたが私の立場でしたら、どう思いますか?

そして、客観的に観てどうですか?


このように、NLPのポジション・チェンジを使って、
自分ではなく、目の前の人のポジションを変えていくことができます。





さて、今回のテーマに戻りますが、ポジション・チェンジの活用事例のように、活用事例を知ることで、新しい活用の方法を得ることができます。
そして、あなたはポジション・チェンジの腕を磨くことにもなります。


NLPのワークのポイントと本質を捉える

8月 11th, 2012



NLPのワークを日常的に使っていますか?


実は、あることを知っておきますと、受講後にも
NLPのワークを行うことができるようになっています。


それは、大きく2つの理由からなっています。


1、どうして、このワークを今、やったほうがいいのか?

  という理由が明確である。


2、このワークのやり方や本質は何だったか?

  という問いに対しての答え


特に、一番最初の時点では、やり方の手順が特に大切です。


やり方覚えた後と、覚える前では大きな違いです。
何が違うかといいますと、あるNLPセミナーを受講した男性の
話をすると伝わりやすいかもしれません。


このNLPセミナーを受講した男性は、次のようにお話しています。
「私は、最初はチェイン・プロセスがだいっきらいでした」


いかがですか?
びっくりする方もいらっしゃるかもしれません。


そして、その理由を次のように語っています。

「やり方を覚えていなかったのと、面倒くさいイメージがあった」


「しかし、一度テキストを見ながら一人でやった時に、
 大まかにやり方を覚えることができて、やりやすくなった」


この結果、NLPセミナーを受講した男性は、一人の時に、、
チェイン・プロセスを実行するようになったそうです。
そして、チェイン・プロセスをやっていくと、どうして、
このワークをやったほうがいいのか?


ということの理由や本質が分かってきたそうです。
それからは、自主的に定期的に使うようになったそうです。


お伝えしたいのは、人間が行動する際の動機付けや、
人間が行動をやめてしまう時の理由をしておくことで、
行動しやすくなるということです。


そして、そのポイントとして、やり方、効果、本質を
知ることがとても大切です。そんな視点で、NLPの学習や復讐を
していくことがとても、大切になります。


NLPを学んで、自信を身につける

6月 13th, 2012



NLPを使って、自信を身につけることは可能か?


まずは、大切なことから入ります。NLPセミナーを学ぶことで、
自信を身につけることは可能です。


それは、前回にお伝えしたモデリングで行うこともできますし、
セルフイメージやビリーフを変えたり、高めることでも可能です。


ただし、人により課題が違いますので、何を行うのが、
現時点でベストなのかは、一概には言えません。
しかし、適切なワークを行うことで、確実にあなたは
変化していくことができます。



その中から、モデリングについて学びましょう。


NLPのモデリングを使うことで、自信を身につけることが
できます。厳密には、自信があるように振る舞うということが
適切な表現かもしれません。


そして、振る舞うという言葉も少し変えることで、
より適切な表現に変えることができます。
それは何かといいますと、自身を持っている人の
行動をモデリングするです。


具体的には、NLPのモデリングで、相手のフィジカルな面を
モデリングします。フィジカルとは、行動・スキル・姿勢・
身体の使い方や話し方などです。


そして、それをモデリングして、行動していくことで、
周りの人があなたを見た時に、自信を持っている方だと思います。
そういうふうに映るからです。


その為に、NLPのモデリングを使う際は、
徹底的にモデリングしていきます。やはり、自信があって、
結果を出している人は、同じ行動をしていても、自信があります。
その違いは見ているとわかりますし、感じ取ることができます。


是非、今以上に自信を身につけたいという方は、
自信を持っている人、結果を出している人の
モデリングをすると良いかもしれません。


まずは、結果を出している人をモデリングする

4月 10th, 2012



うまくいっている人を先ずはモデリングする


NLPセミナーで学ぶモデリングですが、もしも次のような方は、
うまくいっている人をモデリングすることで、人生が変わり出します。


一体どういうことでしょうか?
今までのお話の中で、モデリングについて触れてきたことがあります。
今回は、どうしてモデリングを行なうのか?


ということについて学んで行きましょう。
それを知ることで、少しでも、望んでいる状態に近づいて
頂くということにつながってくることを確信しているからです。


では、NLPのモデリングを行なう時のイメージになりますが、
まずは、モデリングをして、結果を出している人の真似をします。


そして、自分のものになってから、工夫をしていきます。
つまり、NLPのモデリングで、真似をしながら、
内面的、外見的、身体の使い方、方法などを身につけ、
そこにある本質や原理原則を学びます。


それを踏まえて、大切にしながら工夫をしていきます。
行動していくと、自然に工夫が生まれます。


では、どうしてNLPセミナーで学ぶことができるモデリングには、
効果があるのでしょうか?


それは、プロセスを学ぶことができるからです。
結果が出る時、そこには結果にふさわしいプロセスが存在しています。
結果を出している人達ほど、そのプロセスを丁寧に大切にしています。


本質や原理原則を外しません。
かなり効果的なことはいつもパターン化しています。


それらの、既に多くの失敗を経て結果が出るようになっている
プロセスを学ぶことで、結果を出すことができ、時間のロスを
防ぐことが出来るのです。


モデリングの際にどこにフォーカスするか

2月 16th, 2012



NLPのモデリングについて学びましょう。


前回の続きになりますが、NLPのモデリングをする際の注意点に
ついてお話していきます。注意点といっても、どこに目を向けるのか?
というフォーカスするポイントについてのお話になります。


例えば、あなたが野球やサッカーをやっている方だとします。
そうしたら、かりにシュートやバッティングについてのスキルを
身につけるために、NLPのモデリングをする場合はこうします。


・身体の使い方を見る
 ⇒まずはおおまかな手順です。

・詳細な順序を学ぶ
 ⇒身体の動かし方ややり方には手順が存在しています。

・確実に押さえる部分を学ぶ
 ⇒外してはいけないものが確実に押さえるポイントです。

・絶対にやってはいけないポイントを学ぶ
 ⇒これをやると失敗するなどのマイナス面もあります。
  やりがちなことや、一応知っておくべきことなど。

・どこに意識のフォーカスを向けているのかを知る


とても大まかですが、この5つになります、
この5つを意識して、身につけたいスキルや学習に向き会います。


そして、それを踏まえたうえで、NLPのモデリングを行ないます。
NLPを名古屋で学んだ女性は、次のようにモデリングを使ったそうです。


「心と身体のつながりを意識して、モデリングする」
「なりたい自分を想像しながらモデリングする」

そうすることで、学びのスピードは高まります。
あとは、皆さんにとって必要なことや高めたいものなどを
明確にして、必要なポイントを出していき、実践していきます。

とにかく、NLPのモデリングの質を高めるためには、
先ほどの5つのポイントを大切にするだけです。


モデリングを実践する

12月 17th, 2011




NLPのモデリングの話の続きです。


モデリングをすることで、結果を出していった
女性のセールスレディから学んで行きましょう。


NLPを福岡で学んだセールスレディなのですが、
モデリングをしていく中で、試行錯誤がたくさんありました。


セールスレディという職業柄、
トップセールスにくっついて学ばせていただくにしても、
いつもというわけには行きません。


そんな中で最初にモデリングをしたのは、
フィジカル面です。


どちらかと言うと、目に見える部分です。


NLPのモデリングを一番やりやすいところです。
まずはテクニック的な部分と、お客様との対面から、
別れるまでのやりとりを順番に覚えて行きました。


NLPを福岡で学んだセールスレディはモデリングして、
結果が出てきました。


営業中の流れが出てきました。
しかし、お客様に合う前とあった後のことには意識が向きませんでした。
ですので、次に訪問した時のやりとりにはまとまりがありません。


このように、うまくいく部分とうまくいかない部分を繰り返していきながら、
NLPのモデリングを使って、精度を高めていくいことも出来ます。


さらに、ある程度順序、流れ、準備やフォローについては
できるようになっていますが、ある段階から数字が止まりました、


いつも、売上数字がある数字を基準に止まってしまうのです。
NLPを福岡で学んだセールスレディに何が起きたのでしょうか?


それは、NLPでいうセルフイメージに関係していました。
自分には出来るとはイメージ出来ていないのです。



そこで、トップセセールスはどうしているのか?
確認した時、考え方やセルフイメージが違うことに気がついたそうです。


何をお話したいかといいますと、
行動だけでなく、セルフイメージや考え方なども
変化させていくことが大切です。


その時に、NLPのモデリングで参考になるのが、
ニューロ・ロジカル・レベルです。


5つのレベルで、モデリングをすることで、
本当のモデリングをすることができるようになります。


次回は、モデリングする際に気をつけることについて
ご紹介していきます。


新しいリソースを手に入れるモデリング

11月 12th, 2011




モデリングという名前を
お聞きになったことはありますか?。


NLPプラクティショナーでは、
モデリングというテクニックを学びます。


モデリングとは、私たちが新しい資質を
手に入れたいときに活用するテクニックです。


例えば、ビジネスで結果を出したいと考えた時、
自分の望んでいる未来と現実の自分にギャップを
感じたとします。


このギャップは大切です。


では、そのギャップを埋めて、
自分にとって望んでいる未来を手にするために、
何をしますか?


この時に、もしも新しい資質を
手に入れたい、手に入れる必要がある。
とお感じになった場合は、モデリングは
とても役立つテクニックになります。


NLPプラクティショナーでも教わりますが、
「脳は他者を模倣して学習する」
という言葉があるそうです。


つまり、真似することで学習していきますから、
自分の望んでいる結果を既に出している方を
NLPのモデリングをして、学んでいくのです。


分かりやすくお伝えしますと、
どうして結果が出ているのか?


結果が出ている原因を学び、
自分のものとします。


その時に、目を向けるべきポイントがあります。


なんだと思いますか?


大きく3つあります。


1、フィジカル面

2、メンタル面

3、ストラテジ-


の3つです。



1番のフィジカルは身体の使いかたです。
2番のメンタルは、NLPでいうフォーカスや言葉、感情などです。


3番のストラテジーは、NLPでは手順です。
うまくいっている時のその人のV・A・Kや思考、
フォーカスなどや手順です。


詳しくは、また次回にご紹介していきます。
まずは、うまくいっている人のフォーカスや
身体や言葉の使いかた感情の状態に目を向けてみましょう。


自分の持っているものは何?

10月 17th, 2011




「常に、新しいものを取り入れるって大事ですね」


しかし、必ずしもそうではないことがあります。
今回は、NLP資格のセミナーで学ぶ、「リソース」
について一緒に学んで行きましょう。


NLPを大阪で学んだ男性ビジネスマンさんの話が、
分かりやすいです。この大阪でのビジネスマンさんは、
次のように変化していきました。


ビジネスと人生で結果を出すために、
NLP資格のセミナーを受けたわけですが、
自分にどんな可能性があるのか?


その自分の可能性に対しての確信や自信がありませんでした。


しかし、あることがきっかけで変わりました。
なんだと思いますか?


それは、自分の中にある「リソース」に気づいたからです。


最初は、自分の中のリソースなどないと思っていましたから、
必死に、新しいスキルや力を身につけるということで、
NLP資格のセミナーを学びました。


しかし、実は一番最初に目を向けるべきは、
自分の内面だと分かってしまったのです。


まずは、次のように自分に問いかけるようになったそうです。
「今自分が気づいていない、自分のリソースは何か?」


NLPでいうリソースとは、自分のを豊かにしてくれるもので、
自分が望んでいる状態を作り出すことに活用することのできる資質です。


そして、皆NLPでいうリソースは誰もが持っています。
そこに気づくために、まずは自分のことを認めてみましょう。
そして、問いかけましょう。


結果が出るのに、気づいていない自分のリソースは何でしょうか?
自分へ質問することもできるのです。


何を意識して学び実践するか?

9月 13th, 2011




NLP資格のセミナーを学ぶなら、是非せっかく、
時間とお金を投資しますから、意識していただくと
素晴らしいものがあります。


何かと言いますと、大きく2点あります。


1、結果に対して集中する
2、深い部分の話やその意味


具体的にはこうなります。


◯1番の結果への集中ですが、自分にとって望んでいる結果のために
 使っていくのです。当たり前ですが、学んで満足するのではなく、
 結果を出すために活用します。


 おして、結果を出したら、更に次の目標に対して活用します。



◯2番の深い部分の話と、その意味に関してですが、
 どうしてNLPのワークをするといいのか?その深い部分の
 本質と意味を知ることで、質の高いものを身につけることができます。


 そして、本質や意味を知るほどに応用の幅が広がります。
 


学ぶ側はプロでないお限りいきなり本質の深い部分を知ることは
難しいですが、NLPトレーナーさんに対して、そこに関する質問を
しながら、学ぶと良いです。


実はこの点は、私たちに別の学びも与えてくれます。
つまり、何かを誰かに教える際は、相手に対して、
深い話やそれを行なうことの意味や本質の奥を伝えます。


NLP資格のセミナーを活かすなら、その本質の奥を知ることで、
汎用性が増し、様々な工夫をしていくことが可能になります。


もしも、NLPの体験説明会に出ることが可能なら、
いくつかのNLP説明会にで出て、本質などの話をしてくれるか?


ということに注目してみることも、価値のあることかもしれません。